thum-news

鯉のぼりポール基礎工事

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

弊社にて以前住宅をご新築頂いたM様から、鯉のぼりのポール基礎工事のご依頼を頂きました。

メインポールを差し込む支柱を差し込む基礎を作りました。

弊社の社員で工事をしました。

まずは穴を掘って、型枠を作成します。

基礎のサイズは、約400mm角で、深さは約1m程です。

支柱を差し込む用の塩ビパイプ2本を型枠の中に組み込みます。

丁度近くで、弊社の新築住宅の基礎工事を行なっていたので、コンクリート打設時に合わせて

約0.2m3ほどいただきました。

型枠を脱型して、土を埋戻しして、基礎の完成となりました。

 

弊社の工事はここまでです。

こちらに支柱をはめ込んで、鯉のぼりのポールを差し込むと、鯉のぼりが揚げられます。

この基礎があれば、ポールを建て込む労力は大分楽になると思います。

私の家で、鯉のぼりを揚げていたころは、支柱は1本でしたが、地中に打ち込んでいたので

結構グラグラしていて、強風が吹くとかなり心配でしたし、何より、打ち込むときが結構大変でした。

少しお金はかかりますが、安心ですし、ポール建て方が簡単です。

鯉のぼりを見ると、いよいよ春、田植えの時期です。

風にたなびく鯉のぼり、日本の良い景色です。

自分の子どもの小さい頃と、鯉のぼりを揚げていてくれた亡き父のことを思い出します。

M様お世話になりました。

ありがとうございました。

 

?